いま台湾は値上げの話題。物価の感覚いろいろ

台湾(TAIWAN)のいろいろ
05 /17 2012
電気代値上げ、ガソリン代値上げに伴って
いろいろなものが値上がりしている台湾。
コーヒーやパン、小吃など食の値上がりも財布を直撃。
お値段据え置き、変わらないのは給料だけ、なんて揶揄も聞かれます。

物価の感覚をどういうふうに知るかといえば、
台湾の2~30代会社勤めのサラリーは平均約2.5~3万元。
牛乳1パック(約1L)が80元くらい。
弁当(肉、惣菜3種、白飯)1個が75~90元くらい。
これらが1か月の給料に占める割合は?

日本の物価で考えると、1か月の給料2~30万円としてそのうちに占める割合は、
台湾の物価にゼロ1個つけるとわかりやすくなります。

牛乳1パック800円、弁当1個750円。

うーん、牛乳、高いですね\0o0/

たとえば台湾でレストランに入って、399元のセットメニューがあったとします。
日本から観光で来た場合、日本円に換算すると千円ちょっとですから
「お、この値段でこんなに食べられるの♪」と、安いという感覚になります。
が、3万元の給料のうちの399元というと、ゼロ1個加えて考えてみると、どうでしょう??
こうやって考えてみると、ちょっとおもしろいですね。

YACHIAで取り扱っているものは、今のところ、値上げの情報はありませんのでご安心を。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます