修行僧もふっとぶ?!霹靂も来年の年菜を発売

霹靂(PILI)のいろいろ
11 /22 2011
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

年菜の予約購入が始まってくると、年末が近づいてきいるな~と思います。
来年の春節は2012年1月23日から。
年菜は、いわば台湾のおせち料理なんですが、
おせちといっても、日本の年菜とはずいぶん異なります。

日本では正月には包丁を使わないようにという縁起をかつぎますが、
台湾では気にしません。
年菜は、正月にみんなで食べるごちそうという感じです。

見た目も、おせちは、お重にさまざまな料理が少しずつ詰まって、いろとりどりで華やか。
台湾の年菜は、どどーんどどーんと肉や魚や高級食材が調理され、茶系ながら"養生"滋養たっぷり、といった風情。

nc1
※写真はPILI網より。

霹靂も年菜を販売するようです。
「2012霹靂精緻年菜」の予約購入が、台湾ファミリーマートで始まっています。
nc2※写真はニュースサイトより。
◇2012霹靂精緻年菜『飛龍問鼎』御品滿罈香

◇2012霹靂精緻年菜『武鳳天下』明日葉烏骨雞

の二点だそうですが、
それぞれオリジナルの陶器皿が付くのが霹靂ならでは。
nc3
nc4
※写真はPILI網より。

料理を盛ったら、せっかくのデザインが見えない・・・


烏骨雞(うこっけい/ウーグージー)は日本でも馴染みがありますね。
不老不死の食材などといわれますから、年菜にもぴったりですね。

『飛龍問鼎』御品滿罈香は、すごいネーミングがされていますが
いわゆる「佛跳牆(ぶっちょうしょう/フォーティァオチァン)」。
これは、干しアワビや干し貝柱、フカヒレ、干しエビなど高級食材を使った伝統的な高級スープです。

「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」ということからこの名がついたという料理ですから、おいしいことまちがいなし!
日本のガイドブックでは、「ぶっとびスープ」なんて紹介されていることも。

年菜に限った料理ではないので、高級レストランやホテルで、食べることができます(だいたいは予約が必要)。
台湾に来た際には、ぜひ、召し上がってみて下さいね^^

関連記事
スポンサーサイト