芒果(マンゴー)の旺季~!!

台湾(TAIWAN)のいろいろ
06 /29 2010
いつもザ・台湾ナイトマーケット★YACHIA★を応援いただき、ありがとうございます!


暑くなってくれば、芒果(マンゴー)を食べたくなりますね・・・


旬のことを「旺季」といいます。
暑くなってくるとマンゴーの旺季!

5月に入るとマンゴーの話題がちらほら聞こえ始め、
夏といえばマンゴーの季節~♪という感じです。

日本ではアップルマンゴーが有名ですね。
アップルマンゴーはアップルxマンゴー、ではありません(!)
アーウィン種の俗称なんです。
見ためがリンゴに似ているかららしいです。

台湾では愛文(アーウィン)マンゴーといいます。

愛文は台湾でも人気ですが、台湾には20種類くらいのマンゴーがあるといいますが、
愛文のほかに有名なのは、土マンゴーと金煌マンゴーというのがあります。

土(原種)マンゴーは台湾にやってきて400年以上、緑~黄色で小さめ。
愛文や金煌と比べると、野生っぽいというか、繊維が荒くて種も大きいです。
でも味が濃くて「マンゴー!!」という感じがするので
根強いファンもいます。
品種改良をしていないせいか、シーズンが短いです。
土マンゴーが終わると、愛文が登場します。
愛文はたくさん輸出もされて、シーズンも長いです。

金煌マンゴーは高雄県の果物農家・黄金煌氏が改良した品種でその名がつくといいます。
別名「マンゴーの王様」「幻のマンゴー」。
愛文よりも大きく、糖度が高いといいます。


ひと口にマンゴーといっても、三者三様。
ぜひ台湾にきて、食べ比べてもらいたいです。

でもなかなかそれは難しいので、
日本のご自宅で、台湾マンゴーを味わってはいかがですか?

マンゴーは決められた業者しか輸出入できないので、
日本に住む台湾人でも、家族に送ってもらうというわけにはいきません(悲)
日本の友達に送ってあげるわけにもいきません(悲)

YACHIAでは「食品」は扱えませんが、今はオンラインで台湾マンゴーも買える時代↓

旬のマンゴーを食べて、暑い夏を乗り切りましょう~♪





関連記事
スポンサーサイト