5月12日~25日:沈昭良写真展- 「STAGE」

台湾(TAIWAN)のいろいろ
05 /13 2010
いつもザ・台湾ナイトマーケット★YACHIA★を応援いただき、ありがとうございます!


沈昭良 (Shen Chao-Liang)という写真家をご存知ですか?


写真に興味がないと、なかなか耳にする機会はないかもしれま
せんが・・・

台南出身の写真家で、活躍の場は台湾だけでなく、日本、韓国
、中国、スペインなどの写真展に招待参加。日本にもよくいって
いるそうです。


『台湾綜芸団』(タイワニーズ・キャバレー)は
氏が長年追い続けている被写体なのですが、
その『台湾綜芸団』シリーズの作品が
銀座ニコンサロンにて、2010年5月12日から5月25日にかけて開
催されます。


台湾各地の『台湾綜芸団』の瞬間瞬間を収めた作品からは
『台湾綜芸団』の、独特な興行形態、自由な発想が描きだす色
彩の洪水、濃厚な空間の魅力が放たれます・・・。
こうした興行は、廟で行われることも多く、歴史を重ねてきた
廟と派手やかなステージトラックとのコントラストはある異様
な、不思議な引力をもって観客をひきつけることと思います。


『台湾綜芸団』は、移動式ショー劇団のこと。
台湾を旅行して、大型トラックを改装したステージトラックが
停まっている姿を目にしたことがある方もいらっしゃるかもし
れません。


1970年代から主には冠婚葬祭の場で活躍していて
組み立て式のステージ、改装トラック、油圧電動式ステージト
ラックと、
観客の要求の高まりもあって舞台は変化してきたといいます。
演目は、歌謡ショー、雑技、マジック、民俗芸能、ボディビル
ショー、女装した男性のショーなど、多種多様。


沈昭良氏が撮影の対象としているのは、1994年頃から登場し現
在台湾の各地で活躍しているステージトラック。
このステージトラック、600台くらいが現役、営業中だそうで
す。


≪沈昭良写真展「STAGE」≫
会場:銀座ニコンサロン
   東京都中央区銀座7-10-1 STRATA GINZA 1・2階
会期:2010年5月12日(水)~2010年5月25日(火)
開館時間:10時~19時(最終日は16時)
休館日:会期中無休
入場料:無料

また、会場では5月21日の19時から20時30分にフォトセミナー
を開催。講師は沈昭良氏と、美術史家・美術評論家の伊藤俊治
氏。参加費は無料。とのことです。


開催期間が長くありませんが、台湾に行ったからといっても
なかなか見られない、土着文化の貴重な展示です^^


どうぞ訪ねてみてください~



◆プロフィール
沈 昭良 (Shen Chao-Liang)
1968年台湾台南市生まれ。台湾芸術大学応用メディア芸術修士
。新聞媒体において写真部カメラマン、副チーフカメラマン及
び大学にて客員芸術家を歴任。テーマ性を持つイメージの制作
、評論や研究を行うほか、多くの大学で教鞭をとっている。
2000年、02年に台湾行政院新聞局雑誌写真部門の金鼎賞を受賞
。写真集『映像南方澳』と『台湾綜芸団』シリーズの2作品は
、04年フォトシティ相模原、06年韓国東江にてそれぞれアジア
賞と海外作家賞を受賞。
これまで内外の刊行物にて作品を発表するほか、台湾、韓国、
日本、中国、スペインなどの写真展に招待参加しており、著書
に『築地魚市場』『玉蘭』『映像南方澳』『BRAND 9 -世界の9
大ブランドの創造性の解析』がある。


関連記事
スポンサーサイト