台湾へのワーキング・ホリデー査証って?!

台湾(TAIWAN)のいろいろ
05 /12 2010
いつもザ・台湾ナイトマーケット★YACHIA★を応援いただき、ありがとうございます!


ワーキングホリデーというと日本からはオーストラリアなどが
メジャーだと思いますが
日本-台湾もワーキングホリデー制度を行っているんですよ。


18歳以上30歳以下の方でしたら、制度を利用して
台湾へひとっとび、リアルな台湾生活を経験することができま
すよ~


まだまだ知られていないようなので、少しご紹介~


Q:ワーキング・ホリデーとはどういう制度?

A:ワーキング・ホリデーとは、二国間の取り決めに基づき、
各々の国が相手国の青少年に対して他方の文化や一般的な生活
様式を理解する機会を提供するため、自国において一定期間の
休暇を過ごす活動とその間の滞在費を補うための就労を相互認
める制度です。

→日本の若者が台湾で生活する査証を発行しますよ、という制
度ということですね。
観光査証とは、滞在費を補うために仕事することが認められて
いる点が違いますね。


Q:ワーキング・ホリデー査証とワーキング査証は違う?

A:ワーキング査証は就労を目的とした査証で、ワーキング・
ホリデー査証は見学旅行を目的とした査証です。それぞれの発
給要件、対象も違います。

→就労がメインの場合はワーキング査証が必要になるというこ
とですね。


Q:日本人でワーキング・ホリデー査証を申請できるのは?

A:申請時に日本在住で、
年齢が18歳以上30歳以下で、
以前にワーキング・ホリデー制度を利用したことがない方に限
られ、
必ず本人が申請する。
ということです。

→査証の有効期間は発給日から1年で、滞在期限は180日。延長
手続きを行えば最大180日在留の更新が可能、だそうなのでた
っぷりじっくり台湾生活を送ることができますね。



南国・台湾らしい夏の日差しやローカルフード、“熱情”な台
湾人との交流を満喫しに、どうぞ台にいらしてください~



関連記事
スポンサーサイト