日本の宅急便 VS 台湾の宅急便

台湾(TAIWAN)のいろいろ
03 /03 2010
いつもザ・台湾ナイトマーケット★YACHIA★を応援いただき、ありがとうございます!


台湾国内から台湾国内へ手紙を出すと、何日で届くと思いますか?
日本国内はだいたい1日で届きますが、台湾では・・・
Ya-chanが子供のころ(十数年前)は、3~4日、ひどい時は一週間もかかりました。
最近は、日本を見習って、台湾郵便もがんばっていますから
そこまで時間がかかることはなくなりましたよ[:拍手:]
でも日本に来た時は、郵便の届く速さにびっくりしました。


台湾国内の宅配業は、黒猫宅急便と郵便局が2大勢力です・・・



黒猫宅急便は、クロネコです^^
ヤマト運輸から技術運営ノウハウを受け継いだ台湾の統一グループが運営しているもので、同じクロネコのマークです[:楽しい:]

後発の業者では、佐川急便や日通なども台湾の宅配業者と協力して
台湾の宅配業市場に参入しているんですよ。


・宅配業者
日本:ヤマト運輸、佐川急便、西濃運輸、日通、赤帽、などなど多数…

台湾:代表的なのは、黒猫宅急便(日系)、大嘴鳥宅配便(宅配通)(日系)。
黒猫や宅配通は、配送速度と、サービスに定評があります[:楽しい:]
この他に何社も配送業者はありますが、安いけどサービスや接客態度が良くないと、あまりよい評判がありません[:悲しい:]

ちなみに「宅配」は日本語です。
「宅配・運送」にあたる中国語は「貨運」。


・不在の場合
日本:不在連絡票
台湾:不在連絡票の代わりに、ドライバーが受取人に電話をして、受取の日時約束をする。


・クロネコヤマト/黒猫宅急便 配送時間帯
日本:午前中と、午後は2時間毎
台湾:3つのみ 8-12/12-17/17-20


私たちの生活に欠かすことができない、宅配便。
日本で積み上げられたきめ細かいノウハウとサービスが、台湾の宅配業界をリードしている感じですよ。
関連記事
スポンサーサイト