Working Holiday:台⇔日

台湾(TAIWAN)のいろいろ
09 /20 2009
いつもザ・台湾ナイトマーケット★YACHIA★を応援いただき、ありがとうございます!


「ワーキング・ホリデー」との制度は、日本では約30年の歴史があるようです。
1980年にオーストラリアと初めて協定を結び、その後ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス等の国々と協定を結びました。


そして2009年6月1日より、台湾は日本にとって10コ目のワーホリ協定締結国となりました[:拍手:]




「ワーホリ」は、普通の観光、学生、就労ビザとは異なり、外国の青年にアルバイトをしながら休暇を過ごす滞在方式を提供するもので、異国の文化を体験しながら学び、お互いの交流をはかることが目的です。若者が憧れる異国の生活を体験しながら、自分の手で夢を実現させるには、最もふさわしい選択かもしれませんね。


現段階では、台日はお互い毎年2,000名の枠にワーホリ査証を発行していて、年齢の制限は18歳~30歳までで、滞在期間は最長で1年間です。


台湾にご興味のある方は、ぜひこの機会で台湾の生活を体験してみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト