霹靂タンゴ王~「少主」と「太子」って、何?

霹靂タンゴ王
04 /29 2010
いつもザ・台湾ナイトマーケットYACHIAをご覧いただき、ありがとうございます!


さて、本日ご紹介するのは、シリーズ第31作・「霹靂図騰」とシリーズ第32作・龍図覇業でよく出ていたタンゴです!


「少主」と「太子」


魔剣道出身の白衣剣少と黒衣剣少は・・・


下部周りのシモベによく「少主」と「太子」と呼ばれているのです。


まず、「少主」とは、「主人の子供」のこと。
自分が仕えている人の子供のことですね。

台湾語の発音は、「シァウズー」。


「太子」は、ご存知かも知れない、
「将来、帝位を継ぐ皇子か王子」のこと。

台湾語の発音は、「タイズー」。


魔剣道は血のつながり(正統)を重視する魔の組織ですね。

つまり、いくら白衣剣少のほうが年上で素質が良くても、
所詮拾われた孤児だから、王位は継げないですね[:悲しい:]
だから、誅天の義理の息子になっていても、皆からは「少主」とまでしか呼ばれないのです[:聞き耳を立てる:]


勉強になりましたか??
今度、霹靂を鑑賞する時にはよく見て聞いてみてね~


それでは、See You Next Time~




関連記事
スポンサーサイト