霹靂Q&A~第12問:素還真の登場詩

霹靂Q&A
06 /29 2010
H.Yさん、いつもありがとうございます。
お待たせいたしました。続きですね。


HN:H.Yさん
性別:女性
お住まい:香川県 


Q:.素還真の登場詩「半神半聖亦半仙…」の日本語訳を教えてください。




素還真の登場詩
「半神半聖亦半仙」
「全儒全道是全賢」
「腦中真書藏萬卷」
「掌握文武半邊天」



「半神半聖亦半仙」
私は半分神で、半分聖人で、半分仙人である。
→謙虚。
自分は、完全な神とか聖人とか仙人とかではなく
半分だけの、中途半端な存在だ、というんですね。


「全儒全道是全賢」
 「儒」、「道」のあらゆる知識を精通し、賢者でもある。
「儒」=儒家
「道」=道家
→自分は知識豊富である、と言っている。


「腦中真書藏萬卷」
頭の中にある知識の量は本で計算すると一万巻もある。
→知識豊富。


「掌握文武半邊天」
「文」と「武」の領域(分野)を、私は半分を把握している。
→文武両道。
伏線:もう一人(もう半分に)自分なみの実力者がいることをヒントしている。



それは素還真の弟弟子、談無慾です。彼の詩もご覧下さい。よく似ているでしょう。

談無慾
「真神真聖亦真仙」
「通儒通道是通賢」
「腦中玄機用不盡」
「統轄文武半邊天」


彼の詩は、素還真より自信満々の印象を受けますね。
半と真(全部)、掌握と統括、比べてみてください。
また、「頭の中にある知識量は一万巻」と「頭の中の知識は使いきれない」
こう比べると談無慾は自信たっぷりに聞こえますね。


勉強になりましたか?
霹靂を観る時はよく聞いてみてくださいね~[:聞き耳を立てる:]

霹靂Q&Aへのご質問、お待ちしています~


関連記事
スポンサーサイト