シリーズ第31作【霹靂圖騰】:最終話「大敵當前(思いがけない結果)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
02 /26 2011
シリーズ第31作【霹靂圖騰】
不定期連載中
第20話「大敵當前(思いがけない結果)」
シーン:斷魂峽
登場人物:四刀四剣、馴刀者、越剣人、天策真龍


「斷魂峽」では、四刀と四剣、絶世の十人の高手対暴龍!


馴刀者と越剣人は、天策真龍が特製の甲冑を身につけていることに驚いた。


十人は天策真龍を一ミリも傷つけることができず、戦法を変更する。


『八卦』から『九宮』へと陣形を移動!


さらに、『九宮』は『双極』に変わり、四刀四剣はそれぞれ馴刀者と越剣人の背後へ行き、十人の功力を集結し、天策真龍を牽制する。


『銀箭』が放たれるのを待っている。


上古時代、『銀箭』で天策真龍を制した歴史は繰り返すのか?!


天策真龍はこれを見て、すぐにひそかにパワーをあげる。


両足を地に三分入れ、【天龍十八式】の【狂龍爆】で応じる構えをとる。


ついに、天策真龍は必殺技【狂龍爆】を強硬に放った。


四刀四剣は強大な気功波と震動を堪えきれず、陣形はここに崩れ敗れた。


しかし正道十人はあきらめない。

傲笑紅塵は、天策真龍めがけて【烽火紅塵路】を放つ。


他の九人も後に続くが、かけ離れた実力の違い、諸葛晩照は不幸にも重傷を負った。


馴刀者は不必要な犠牲を避けるため、とうとう抵抗を諦め、天策真龍軍に投降した!


剣魔、莫召奴、傲笑紅塵は、腹を立てて立ち去った。


天策真龍は、魔剣道を滅ぼすことを条件に人心を買い、「琉璃仙境」へ戻って行った。

「騰龍殿」で、天策真龍は正式に「武林」の主、天下の王となった!


それはすぐに天下に知らされ、天策真龍は正式に魔剣道に宣戦布告・・・。






出典:「YouTubeのdavymdbrさん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。



「ピリ図騰電子書籍(和訳)」に興味のある方←
「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←

これにてシリーズ第31作【霹靂圖騰】の連載は終了です。
【霹靂圖騰】の世界、お楽しみいただけましたか?
ぜひ公式VCDなどで映像を観て霹靂の魅力にハマって下さい~^O^
ご愛読、ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト