シリーズ第31作【霹靂圖騰】:第16話「巧計攻心(貞謀先生の妙策)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
12 /30 2010
シリーズ第31作【霹靂圖騰】
不定期連載中
第16話「巧計攻心(貞謀先生の妙策)」
シーン:龍頸坡
登場人物:悦蘭芳、東陵少主

「龍頸坡」。


悦蘭芳は『蘭印追魂剣』を初めて抜き、東陵少主に迫った。


わずか十センチほどの狭い小道を、二人は戦いながら注意深く進む。


東陵少主は必殺技【青龍震雲霄】を放ったが、【七星延命術】でパワーダウンして気力不足にどうしようもなく、悦蘭芳を倒すに及ばない。


再びやり合うも、東陵少主はいっそう力不足を感じた。


とうとう、悦蘭芳の【秋水隔斷萬里泓】が東陵少主の喉を貫いた。


悦蘭芳は死んだ東陵少主の首を切り、抱えて、「琉璃仙境」に向かった・・・。



出典:「YouTubeの2009momoloverさん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。




「ピリ図騰電子書籍(和訳)」に興味のある方←
「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←


次回予告
・暗い夜道、悦蘭芳は謎の人物に行く手をさえぎられる。謎の人物は、悦蘭芳は『蘭印追魂剣』を使って東陵少主を殺すべきではなかった、と言った! 悦蘭芳の陰謀がばれた?! 彼は逃れられるのか?


・「琉璃仙境」からの、神秘剣客の命と東陵少主が残した三本の名剣を交換しろという知らせだ。意見が分かれる。莫召奴はどうするのか?!


・全身の筋脈を自爆させた清香白蓮・素還真はいったいどこにいるのか?


・天策真龍墓内に閉じ込められている百世經綸・一頁書はいつ自由になれるのか?


次回、<ピリ図騰> 第17話:≪秦假仙の大活躍≫  お楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト