シリーズ第31作【霹靂圖騰】:第14話「生死線(生と死の境)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
12 /16 2010
シリーズ第31作【霹靂圖騰】
不定期連載中
第14話「生死線(生と死の境)」
シーン1:落葉知秋
登場人物:不二刀、天策真龍、異端神AとB、夜叉鬼AとB、黒衣剣少、白衣剣少

シーン2:引霊山
登場人物:素還真、天策真龍、天策真龍大軍


「落葉知秋」。


刀王星・不二刀は独り、天策真龍と闘っている。


恨みに染まる両目に刀王の影が翻る。


怒りのこもった刀が天策真龍に迫る!


しかし不二刀の実力は天策真龍に及ばない。


闘い始めて間もなく、二つ目の技を繰り出す前に不二刀はすでに重傷を負っている。


と、そこへ、


異端神と夜叉鬼が同時に現れた。


ずっしりとした【魔流剣】、怜悧な【風之痕】の剣気がそろって天策真龍に向かっていく。


天策真龍は【玄(ヘン)龍(リョン)震(ジン)】で応戦する。


掌気、剣気が空間を震撼させながら交錯するその時、黒衣剣少がさっと不二刀を連れ去った。


白衣剣少も任務達成とみると、身を翻し去った・・・。



出典:「YouTubeのkodato2000さん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。




一方、ついに、素還真は「引霊山」にたどり着いた。


と、空中から誰かの声が聞こえてきた。


<素還真よ、気を強く持て、あきらめてはならぬ!>


素還真は気を奮い立たせ、最後の力を振り絞り、気功波で石門を破る。


数発、気功波を撃つも、石門はびくともしない。


ついには身体ごと石門にぶつかっていった。


が、石門に血しぶきがひろがっただけだった。


素還真は石壁にもたれかかった。そして、毒にあたったことに気づく。


と、天策真龍が大軍を率いて取り囲んだ!


天策真龍<素還真、この大軍の包囲から十里遠くへ抜けることができたら、見逃してやるぞ>


素還真はこれを聞いて大笑した。


素還真<ははははは、逃げるだと? ここが終点だ!>


はぁっと一喝、素還真は全身の筋脈爆発させた!


紫色の毒に侵された血が、天策真龍軍に降りかかる!


素還真の自爆攻撃はひとかたまりの兵士たちを殺したが、天策真龍は無傷。素還真は力尽きて倒れた…



出典:「YouTubeのdavymdbrさん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。




「ピリ図騰電子書籍(和訳)」に興味のある方←
「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←


次回予告
・一頁書は閉じ込められた。照世明燈は行動しない。
当世の神人・素還真よ。窮地に追い込まれたこの時、素還真はどのようにして死地を脱するのか?
・魔界の政権交代、「中原」は危険極まりない。天策真龍を阻める者はいないのか?


次回、<ピリ図騰> 第15話:≪血に染まる白蓮≫  お楽しみに~
関連記事
スポンサーサイト