シリーズ第31作【霹靂圖騰】:第4話「風雨恨(風・雨・恨)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
09 /13 2009
シリーズ第31作【霹靂圖騰】:不定期連載中
第4話:「風雨恨」
シーン:魔界
登場人物:非凡公子、魔魁、雑魚


非凡公子:「奇怪,依照時間推算,天魔早該出關,為何至今未有消息呢?目前魔界元気受損,指魔死、刀魔失蹤、剣魔未回,局勢實為不利,五星歸位,正道巳佑有兩席,若是不能把握時機除悼莫召奴與素還真,將是魔界大患,嗯,看来我只有親自出手了」


「おかしいな、もうそろそろ天魔様が復帰する時間のはずなのに。なぜ今未だに気配がないんだろう?いま、魔界は大きなダメージを受け、指魔が戦死、刀魔が行方不明、剣魔も外出中、状況はかなり不利だ。五星復帰、中原の正道はすでに二つを把握している。もしこのチャンスを見逃し莫召奴と素還真を殺さなければ、いずれ魔界の大敵になってしまう。うん、どうやら俺が直々に出馬しないとならないようだな。」


這方面、堂内,魔魁正在開曾,此時非凡来到。
一方、堂内では、魔魁は会議中。この時非凡公子がやってきた。


魔魁:「非凡,何事憂心」
   「非凡よ、何を心配している?」


非凡公子: 「魔魁,我原想等天魔出關之後再為指魔之事向他請罪,但如今天魔出關時機未明,我不能再譲莫召奴有時間準備,我希望魔魁能允令譲我出兵針封莫召奴」
     「魔魁様、そもそも私は天魔が復帰した後、指魔の件で謝るつもりでしたが、天魔の復帰はいつになるか分かりませんし、これ以上莫召奴に余裕を持たせることはできませんから、どうぞ私に莫召奴を討たせてください。」


魔魁:「魔界之辱営然要討回,但是我只準你一人前往」
   「魔界の雪辱は果たさねばならん。しかし、お前一人しか行かせられん」


非凡公子:「領令」
     「はい」


魔魁:「一對一的勝負,如果你無能取勝也不用再回魔界了」
   「一対一の勝負、もし負けたらお前はもう二度と魔界には戻れん」


非凡公子:「我明白,非凡告退」
     「分かりました、それでは、失礼します」


魔魁:「嗯」
   「うん」


雑魚:「魔魁,這様妥當嗎? 」
   「魔魁様、これでよろしいでしょうか? 」


魔魁:「本座不能譲魔界蒙羞,如果非凡公子不能彌補自己的過失,他就不夠資格再為魔界之人」
   「魔界に恥を塗るのは許されない。もし非凡が自分のミスを補えないのなら、彼は魔界の者になる資格はない」


雑魚:「魔魁真是公私分明」
   「さすが、魔魁様。公私分明ですね」


「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←

Ya-chanの一言:
今回のシリーズで非凡公子は亡くなるので、今のうちに彼のことを軽く紹介しますね。

霹靂狂刀の第32話で登場した彼は、 三教主と魔魁との正邪両方の血統で、これが非凡公子の正であり悪である特殊な性格を形成している。
聡明でプライド高く、生まれながらに強いオーラと知恵と武功を備え、猜心園を本拠地としている。ちなみに、以前日本に行ったことがあるから、忍者の技もできる。霹靂王朝時期、「三教の子」として、自分の王朝を建立した。結局わがままでやりたい放題のため、敵が多くできて、武林から姿を消してしまった。
最近、五方主星の「北・玄武」として再び姿を現した。







出典:「YouTubeのlovecfcmさん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。



関連記事
スポンサーサイト