霹靂最新シリーズ「問鼎天下」第09・10話リリース。「問鼎天下」ってどういう意味?

新着・入荷情報<布袋戯>
09 /15 2011
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

霹靂最新シリーズ「問鼎天下」、今週末は「第09+10話」がリリースです。




『問鼎天下』の「鼎(ディン)」という字は日本語ではあまり使わない漢字ですね。
小龍包で有名な“鼎泰豐(ディンタイフォン)”なら知っていますか?^m^

「鼎(ディン)」は日本語では「かなえ、てい」と読みますが、
中国の古代の器物の一種、三つの足と二つの耳をつけた金属製の釜のこと。

「問鼎中原」という成語があります。これは、天下を争うことの比喩です。

中原は、一般的には黄河の中下流の一帯をいいますが、そこに栄えた中国古代の夏、商、周の三代は九鼎を国家権力の象徴としてつたえてきたということからできた成語ということです。

つまり、『問鼎天下』も天下を争うことを言っています。
中原を天下と言って、よりわかりやすい表現になりました。

策略、野心、理想が交差する天下争奪の巻。
お見逃しなく!
関連記事
スポンサーサイト