【布袋戯】とは?③『役柄』

霹靂(PILI)のいろいろ
07 /13 2009
いつもザ・台湾ナイトマーケット★YACHIA★を応援いただき、ありがとうございます!


【布袋戯】とは?---その③『役柄』


布袋戯に登場するキャラクターには、それぞれ役柄がある。能狂言や歌舞伎もヒーローか悪役か三枚目かなど、役柄(立場)は化粧や衣裳をみればわかりますね。



布袋戯における役柄(キャラクター分類)の基本は五種類か七種類といわれ、それらをさらに細分化して60種類以上の役柄が存在すると言われている。

完全な布袋戯劇団としては「七大行當六十角」(七大類別六十役柄)が必要という。


基本の五種類は「生」「旦」「淨」「末または童」「丑」で、七種類の場合はこれに「雑」「獣」が加わる。



「生」(セン)・・・男性。年齢や身分によって小生、武生、老生、鬚生などに細分される。通常、主役は「小生」で「文生」は頭脳派、「武生」は肉体派である。


「旦」(ダン)・・・女性。花旦(侍女など)、武旦・刀馬旦(武術が得意な女性)、老旦(老女)などに細分される。


「淨」(ジン)・・・強烈なあるいは特殊な個性をもつ役柄。「花臉」ともいう。


「末」(モゥ)・・・老生から派生したもので、中年以上の男性を表す。


「丑」(チョゥ)・・・三枚目。衣裳や化粧も滑稽なものになっている。中国語で小丑といえば道化、ピエロのこと。


「童」(トン)・・・未成年。


「雑」(ザァ)・・・神仙や妖魔、鬼怪など、生旦淨丑に所属しないもの。僧侶もここに含まれる。


「獣」(ソゥ)・・・動物。「獣」を「雑」に含める場合もある。



--->> その④ は 『セリフ』



関連記事
スポンサーサイト