停班停課?

台湾(TAIWAN)のいろいろ
07 /12 2013
台風7号が、台湾上陸へ向かって進んでいるようで
本日7月12日(金)は台北は午後2時から「停班停課(ting ban ting ke)」となりました。

「停班停課」とは
班は会社(仕事)、課は学校(授業)のことで、
台風がくるからお休みして下さい、ということ。

出勤すること、仕事に行くことを上班(shang ban)
学校に行くこと、授業に行くことを上課(shang ke)
といいますね。

日本ではもし台風などで休校になる場合は、連絡網で伝え合うでしょうか。
今は個人情報云々管理が厳しくて連絡網なんてないんでしょうか。

台湾はニュースでやります。
政府が公布して、ニュースで放送されます。
町内会で会長が放送します。
そうして周知します。

台風7号の進路がどうやら台湾上陸しそうだということで
今週初めころから「どうなるどうなる」と言われていて、
山間部の村などは予防性避難をしたりして
昨日7月11日(木)午後には「〇〇県は今日の〇時に明日の停班停課を決定します」ということになり
北部は昨日の夜に停班停課の発表がありました。
それにしたがい、学校や公的施設、多くの会社、店舗などがお休みに。

それでも営業しなきゃならない(?)お店やサービスも多いのが都市部。
コンビニエンスストアや宅配業者、一部交通運輸は基本営業。

明日7月13日(土)も全国的に停班停課が決まりました。
大きな事故などがないといいと思います。

関連記事
スポンサーサイト