熊貓?貓熊? パンダは中国語で何という?

台湾(TAIWAN)のいろいろ
04 /30 2013
台北市立動物園にも「團團」「圓圓」というパンダがいます。

パンダは台湾でも動物園のスターです。

そのパンダ、中国語では何と言いますか?

「熊猫(mao xiong)」
いやいや
「猫熊(xiong mao)」

日本では中国大陸の中国語の教科書が多いですから
「熊猫」と答える人がおおいかな?

台湾では「猫熊」という人が圧倒的に多いですね。
台北市立動物園も「大猫熊」=ジャイアント・パンダ と書いています。

もともとパンダは中国大陸からきたもので、台湾原種などがあったわけでもないのに
呼び方が違う理由は?

中国の成都大熊猫繁育研究の資料によると
「大猫熊」が最初の命名だったそうです。猫に似た熊ということ。
それが、1949年以前の中国の読み方の規定は「右から左へ」でした。
そのご規定が横書きにかわり「左から右へ」とかわりました。
一般民衆まで浸透しない時期に、橫書きの「猫熊」を「右から左へ」読んで「熊猫」。
そして「熊猫(大熊猫)」の呼び方が今でも中国大陸では一般的となったということです。
そして、台湾では、1949年以前の呼び方がそのまま残っている、ということみたいですね。

答えはどちらも正解、ということでした。

関連記事
スポンサーサイト