通常営業再開しております

運営のお知らせ
01 /31 2012
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

<新年快樂 恭喜發財>

新年のあいさつと言えばコレですね^^

春節が過ぎ、業務は通常どおりに戻りました。

昨日1月30日休み明けすぐに、お待たせしていた発送作業をすべて終えました。

発送休止でしたが、たくさんのご利用をいただき、感謝します!

お待たせして、申し訳ございませんでした。
お品物がお手元に到着まで、あと少しです。今少しお待ち下さい。

今年もどうぞよろしくお願いします!
スポンサーサイト

新年快楽!ポイント2倍還元キャンペーン実施です!

運営のお知らせ
01 /21 2012
ryu

いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

もうすぐ春節(旧正月)です。

今年の春節は、1月22日が除夕(大晦日)で、1月23日(月)~1月27日(金)。
前後の土日を加えて、9連休の大型連休です。
もうすでに帰省ラッシュの渋滞は始まっているとか・・・

連休といっても、飲食業や販売業、サービス業などは絶賛営業中です。
春節中、タクシーは20元上乗せされますので、台湾に遊びに来る方は覚えておいて下さい^^
ぼったくられたーと怒らないように^m^

ショップサイト内ではすでにお知らせしていますとおり、
台湾郵便局、台湾クロネコヤマト(国際便)は、
2012年1月21日(土)~1月29日(日)の台湾旧正月(春節)による公的連休中、営業しません。
そのため、この期間は発送は休止となります。

1月20日(金)~29日(日)にお支払いいただきました商品の発送は
1月30日(月)以降、受付順次となります。
ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜れますようお願い申し上げます。


そこで、
<新年快楽!発送休止でご迷惑をおかけします、ポイント2倍還元!>
を実施いたします!

ryu

【期間】
2012年1月23日(月)~27日(金)23:59 まで
【対象】
上記期間中にご購入・お支払いのお客様
(会員登録をしない場合はポイント加算はありません)
【内容】
上記期間中、ポイント2倍加算
(購入代行サービスは対象外です)

発送をお待たせしてしまいますのでささやかですが、
いつもご利用下さっているお客様に、少しでもお返しできたら良いと考え実施します。

今年もどうぞよろしくお願いします!!
ご来店お待ちしております。

今注目の、台湾の新鋭漫画家・AKRUの作品はyachia.comで購入できます!

新着・入荷情報<台湾の逸品>
01 /09 2012
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

台湾では、日本の漫画(コミック)が人気です。
テレビで放送されている漫画、単行本で売っている漫画、
人気というより、漫画は日本のものというイメージさえもあります。
もちろん、台湾の漫画家もいます。
人気のイラストレーターもいます。
でも、良く知られている漫画というと、日本の漫画、香港の漫画が多いです。

そんな台湾の漫画界で、注目の漫画家がいます。

AKRU、という女性です。
7年級生(民国70年代生まれ=今の21~30歳)の台北人だそうです。

彼女の2冊目の単行本「北城百畫帖(カフェーヒャッガドウ)」は、
日本文化庁主催・第15回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品にも選ばれました。

台湾の漫画家の作品が、日本で認められた♪ということで、
注目が集まっています。

日本だけでなくて、彼女の作品は、台湾の読者からも支持されていて
1冊目の単行本「柯普雷的翅膀(コプライの翼)」も「北城百畫帖(カフェーヒャッガドウ)」も読者が選ぶ一作に選ばれています。

下調べと調べた情報をパズルのように組み立て、オリジナルのストーリーを紡ぐ。
繊細なタッチのイラストは美しく、昔の台湾の景色が甦ります。

そんな彼女のすてきな作品、日本の皆様にもぜひ、読んでもらいたいと思います。

中国語の勉強も、漫画なら、勉強しやすいですよ!

▼画像をクリックすると商品ページへ移動します▼

beicheng1

▼画像をクリックすると商品ページへ移動します▼

kepulai2

霹靂、新シリーズ「天競鏖鋒」発売開始

新着・入荷情報<布袋戯>
01 /07 2012
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

霹靂の新シリーズ「霹靂戰元史之天競鏖鋒」が1月6日より発売が始まりました。

難しい漢字をわざと使っているというか、
台湾語でなんと読む?!と賛否両論なタイトルですね。

國語(マンダリン)の読みはまあわかりますが、
普段使わない字ですから、台語でなんと読むか、台語を話す台湾人でもちょっとわからないです。

読み。

ピリゼンワンスー・テンギンオーホン

日本語読みだと
ぴりせんがんし・てんきょうおうほう
となりますね。

「戰元史」ですから、戦争の歴史ということになりますが、
どんな展開が待っているか、楽しみですね!

霹靂戦元史天競鏖鋒DVD(第01+02話)は↓こちらから↓ご購入いただけます。


『霹靂兵燹之問鼎天下』DVDの時と同様、
今回も、第1話から欠かさず、YACHIA霹靂戦元史天競鏖鋒DVD(第01+02話)
お買い求め下さったお客様には、
<『霹靂戦元史天競鏖鋒』公式収納ケース>を1つ、
もれなくプレゼントいたします!


オープニングはこういう感じ。
天競鏖鋒オープニング動画
(動画サイトへのリンクです。当方と一切関係ありません)

霹靂布袋戯「聖魔戰印」鑑賞完了 → 「問鼎天下」期待中

霹靂(PILI)のいろいろ
01 /04 2012
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

スタッフの黄(こう)です。
2012年初ブログ。個人の立場で書きます。当ショップYACHIAとは関係ない、個人の感想です。

黄俊雄氏の「雲洲大儒侠」は、愛国英雄・史艷文をめぐる物語。
場所は中国。
時代は明の王朝。
悪の勢力は、宰相(首相)・安基謀や蔵鏡人などの人間。
仙人、魔人などは存在しない。
とても分かりやすい、伝統的な布袋劇だった。

だが、息子の黄強華氏たちの霹靂シリーズに入った後、
漫画で例えると、「封神演義」X「幽遊白書」の世界観が導入された。

●A視点:仙人と一般人は併存できる

まず、素還真(のちの主人公)が誕生した。
出場して、1,700話も超えた彼は、実際年齢はいまでも公表されていない。
髪の毛の色(白)からみると、若返りの「仙人」だと思われる。

「封神演義」の主人公「太公望」も原作小説「封神榜」では老人だが、
藤崎竜先生の漫画になると、若い青年の姿になっている。

素還真のような「仙人」が視聴者に認めてもらえた(大成功?!)ので、
その後の霹靂は「一般人」と「仙人」併存の世界になった。


●B視点:強い奴はずっといる

「幽遊白書」の最終章では、魔界に三巨頭がいるが、
魔界統一大会に優勝した煙鬼は 三巨頭に匹敵する実力をもっている。

驚くのは、彼のようなすごい奴は一人だけではない。
いままでずっと黙っていたというか、ただ、ナレーションで語られていないだけだ。(ということ)
なんと画期的な設定か、富樫義博先生!


A視点 + B視点 =
たとえ物語はどこまで進んでも、素還真たちよりずっと年上(何千年も生きてきた)で、
実力抜群の「仙人先輩」たちは、常にメンバーが変わる脚本チームの好き嫌いで、
いつでもどこでも無制限に登場可能!
これが物語がずっと続いていけるポイント!?


でも霹靂シリーズになって、木偶はどんどん洗練され、進化していっている。
これは本当にすごい。
特に「霹靂英雄榜」以降、木偶は大きく改造され、今のサイズになった。
これは革命といえるかもしれない。
木偶の顔、衣裳、小道具、頭身比が、木偶観賞だけで成り立つほど綺麗になった。
操作もどんどん進化して、手や足の細かい動きはすごく自然になった。
とくに「聖魔戰印」では鬼覚神知という、虫人間(?)まで登場する。

CG効果もどんどん上達して、演出が大きく派手になった。

こういうところで、霹靂はファン層を拡大して、台湾だけでなく中国、さらにこうして言葉の違う日本にもファンが出来るようになったんだと思う。

僕はうちのスタッフの近藤たち「週刊誌派」と違って毎週観ているではない。
どちらかといいますと、「単行本派」でまとめて観るほうです。
年末年始は行き飽きた年越しパーティーの代わりに、
家で「聖魔戰印」DVDの鑑賞を終わらせた。

↓この先、ネタばれありです。まだ「聖魔戰印」観ていない方はご注意ください↓

続きを読む

謹賀新年 皆さまへ新年のご挨拶

運営のお知らせ
01 /01 2012
いつもYACHIAのブログをご覧下さり、ありがとうございます。

2012年、新しい年が明けました。
台湾は過年(お正月)ではないですが、「跨年(年越し)」で盛り上がって
台湾各地でたくさんの花火が上がって2012年を迎えました。

日本の年越しは、除夜の鐘に代表されるように
厳かな雰囲気がありますが、
台湾の年越しは、イベント感たっぷりです。
台北、桃園、台中、台南、高雄など各地で年越しイベントコンサートが行われ、
カウントダウンで花火ショー!というのが近年の年越し風景。


2012年もどうぞよろしくお願いします!

【皆さまへ新年のご挨拶】
皆さまへ新年のご挨拶