シリーズ第31作【霹靂圖騰】:最終話「大敵當前(思いがけない結果)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
02 /26 2011
シリーズ第31作【霹靂圖騰】
不定期連載中
第20話「大敵當前(思いがけない結果)」
シーン:斷魂峽
登場人物:四刀四剣、馴刀者、越剣人、天策真龍


「斷魂峽」では、四刀と四剣、絶世の十人の高手対暴龍!


馴刀者と越剣人は、天策真龍が特製の甲冑を身につけていることに驚いた。


十人は天策真龍を一ミリも傷つけることができず、戦法を変更する。


『八卦』から『九宮』へと陣形を移動!


さらに、『九宮』は『双極』に変わり、四刀四剣はそれぞれ馴刀者と越剣人の背後へ行き、十人の功力を集結し、天策真龍を牽制する。


『銀箭』が放たれるのを待っている。


上古時代、『銀箭』で天策真龍を制した歴史は繰り返すのか?!


天策真龍はこれを見て、すぐにひそかにパワーをあげる。


両足を地に三分入れ、【天龍十八式】の【狂龍爆】で応じる構えをとる。


ついに、天策真龍は必殺技【狂龍爆】を強硬に放った。


四刀四剣は強大な気功波と震動を堪えきれず、陣形はここに崩れ敗れた。


しかし正道十人はあきらめない。

傲笑紅塵は、天策真龍めがけて【烽火紅塵路】を放つ。


他の九人も後に続くが、かけ離れた実力の違い、諸葛晩照は不幸にも重傷を負った。


馴刀者は不必要な犠牲を避けるため、とうとう抵抗を諦め、天策真龍軍に投降した!


剣魔、莫召奴、傲笑紅塵は、腹を立てて立ち去った。


天策真龍は、魔剣道を滅ぼすことを条件に人心を買い、「琉璃仙境」へ戻って行った。

「騰龍殿」で、天策真龍は正式に「武林」の主、天下の王となった!


それはすぐに天下に知らされ、天策真龍は正式に魔剣道に宣戦布告・・・。






出典:「YouTubeのdavymdbrさん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。



「ピリ図騰電子書籍(和訳)」に興味のある方←
「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←

これにてシリーズ第31作【霹靂圖騰】の連載は終了です。
【霹靂圖騰】の世界、お楽しみいただけましたか?
ぜひ公式VCDなどで映像を観て霹靂の魅力にハマって下さい~^O^
ご愛読、ありがとうございました!
スポンサーサイト

シリーズ第31作【霹靂圖騰】:第19話「悪魔雄兵(魔魘大軍)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
02 /18 2011
シリーズ第31作【霹靂圖騰】
不定期連載中
第19話「悪魔雄兵(魔魘大軍)」
シーン:荒野
登場人物:瀟瀟、碧眼夜梟、佾雲、照世明燈、莫召奴


瀟瀟は碧眼夜梟の奇襲を受け、右目に傷を負った。血は流れて止まらない。


と、そこへ、急速に吹きつけ襲いかかる黒い雲、空を裂く剣気!


これこそ雲門八采の一人・佾雲、久しぶりに姿を現したのだ!


碧眼夜梟はスピードにはスピードを以て制そうとするが、佾雲の剣の勢いは迅速で激しく、碧眼夜梟は敵わない。


数本の手指を削ぎ取られ、とにかく逃げた。


佾雲は、瀟瀟とともに「十分秋悟」へ行き、瀟瀟と金小開の遺児の事を話し合った。


一方、「琉璃仙境」を出た照世明燈は莫召奴と共に「雨風飄搖」へ瀟瀟の安否を尋ねに向かった。


地上には戦った血の跡が残っている他に、剣の跡も残っていた。


瀟瀟と碧眼夜梟は二人とも剣を使う者ではない。さらに、空には瀟瀟の化星の光が今なお在る。


そこで二人は、先ず目の前のことを処理してから、三日後の四刀四剣対天策真龍の戦いの準備をすることに決めた・・・。




出典:「YouTubeのbaosssさん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。




「ピリ図騰電子書籍(和訳)」に興味のある方←
「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←


次回予告
・四刀に四劍!十大「武林」の高手は力をあわせ、刀と劍とが繰り出す隙のない攻め、険しい地形の「斷魂峽」、ここは本当に天策真龍の死に場所なのか?
この龍を屠る戦い結果は、「武林」にどのような影響を与えるのか?


・ついに魔劍道の大軍が「中原」に挙兵した。この魔族の新勢力は「武林」にどんな大きな災禍を引き起こすのか?


・「封靈島」で、兄弟は再会した。悅蘭芳は順調に「封靈島」に着いた。石像を見つけ、そこで不幸なことに弟の經天子の妨害にあう!
悅蘭芳は『銀箭』を放つことは出来るのか?




次回、<ピリ図騰> 最終話:≪思いがけない結果≫  お楽しみに~

シリーズ第31作【霹靂圖騰】:第18話「屠龍記(龍を屠る計画)」

霹靂日本上陸の原点:霹靂圖騰
02 /11 2011
シリーズ第31作【霹靂圖騰】
不定期連載中
第18話「屠龍記(龍を屠る計画)」
シーン:荒野
登場人物:鬼王棺、天策真龍軍の大将・歩aa雙極

冷たい風が吹く中、鬼王棺は生命の危機に立たされていた!


天策真龍軍の大将・歩雙極は単身、鬼王棺に挑む。


鬼王棺はごちゃごちゃ言わず、必殺技【引歸殺象】を放つ。


歩雙極は【虚無飄渺】で応戦する。


技がぶつかり、波動が巻き上がる!


鬼王棺は【魔源剣陣】を繰り出す。


だが相手を殺すには至らず、逆に歩雙極の一撃をくらう。


反応素早く、鬼王棺は逃げ出した!


追いかける歩雙極から逃れ、鬼王棺は、組織が日増しに自分の存在を軽く見ることに加え、今回の任務もまた果たせなかったので、天策真龍さえも自分に手を下し始めるだろうということに思い至った。



彼の今の立場は非常に危なかった。


鬼王棺はひとしきり考えて、しかしもう一度「悲鳴殿」へ帰ってみることにした。

七大霊首の出方を見てから考えることにした。


鬼王棺は「悲鳴殿」に戻り七大靈首に面会を願った。


そして、天策真龍はすでに魔剣道に注意を向け始めており、「魔閻殿」は数名の犧牲を出し、鬼王棺も殺す対象に入っている、と伝えた。


だが七大靈首は、鬼王棺の実力は十分あり、彼の能力で対処できると信じており、自分が出向いて処理しなければならないことではない、と言った。


さらに、天策真龍は魔剣道が必ずやっつけなければならない人物だ、三本の名剣を盗み返しに行けと言った。


話し合いの間、七大靈首は、鬼王棺の気持ちがすでに揺れ動き始めていることに気づいていた。


鬼王棺はもう信任に値せず、残りの価値を利用し終えたら、犧牲になってもらうつもりだ・・・。


鬼王棺初登場!

出典:「YouTubeのpili056224366さん」より転載。
用途:ブログ記事を説明するため使用。
※上記動画は外部サイトのもの、当サイトとは全く関係ありません。
著作権など何かお気づきの問題がありましたら、直接に該当動画の提供者へご連絡下さい。



鬼王棺
滅境「三途判」のリーダー
本名(滅境):狡突臉
現在(苦境):地獄鬼王棺。略称:鬼王棺
七星之主編以降、出番なし。


「ピリ図騰電子書籍(和訳)」に興味のある方←
「霹靂図騰動画」に興味のある方←
「霹靂図騰サントラ」に興味のある方←
「霹靂図騰攻略本」に興味のある方←


次回予告
・碧眼夜梟は日夜、瀟瀟の行動を観察し、ついに彼は動いた!一すじの氣功波が瀟瀟の右目に的中した。瀟瀟はけがを負い、光玉の姿から本体を露わにして地に落ちた。瀟瀟は碧眼夜梟の殺戮から逃れることができるのか?


・渡生剣と悅蘭芳、二人は再び対峙した。どうなるだろうか?


・花非花に会いたい秦假仙は「湘霊寶観」でどんな秘密を発見できるのか?



次回、<ピリ図騰> 第19話:≪魔魘大軍≫  お楽しみに~