16K 8開って何? 紙のサイズのお話。

台湾(TAIWAN)のいろいろ
03 /05 2018
紙のサイズは世界共通のようでいてそうでなくて、
各国いろいろ使っているサイズ規定があるようです。

ISO国際標準での定義は
紙のサイズというのは、A、B、C版の3つの規格がありますが、
慣習的なものとか、印刷機械の更新の問題とか、
さまざまな事由から、
ISO規格、日本のJIS規格、アメリカのLetter規格だのと、あります。

台湾では大きくは、菊版と四六版のふたつがあります。

※「版」は日本語では「判」ですね。

日本統治時代に規格が持ち込まれたということが影響してます。

菊版は明治時代から日本で用いられていた菊判のことで、
四六版は明治になって輸入されたイギリスのクラウン判を32取りするとヨコ4寸2分、タテ6寸1分になるので、
四六判といわれ馴染んでいったところからきています。

で、菊判も四六判もISO規定のA4、B5とは異なる独自のサイズ。

本来は。

違うんだけど、ちょっとの違いだし~、
ほら、書籍にするのって、裁断余白が要るから製本と製本前の紙って大きさ違うじゃん~、
菊判ってA判のちょっと大きいサイズだし~、
四六判ってB判のちょっと大きいサイズだし~、
ってな感じだろうと…

つまりつまり、

台湾では紙のサイズの言い方として、
ISO規定のA版、B版 と
菊版(Gを使って表記されることも)と
菊版のA版と
四六版(K又は開を使って表記されることも)と
四六版のB版とが使われているということ。


台湾の紙製品を買おうという時は
Kとか開とか日本では使わない表記が出てくることがありますので
まあそれはこういうことなんだなということです。

よく使われるサイズをまとめてみました。

G全 菊全 ( A1 )
G2 菊對 ( A2 )
G4 菊4開 ( A3 )
G8 菊8開 ( A4 )
G16 菊16開 ( A5 )

全開 ( B1 )
2K 対開 ( B2 )
4K 4開 ( B3 )
8K 8開 ( B4 )
16K 16開 ( B5 )


台湾では給料のことを22K(22,000元のこと)とか言ったりしますが、
紙業界では開(Kai)のK。
給料のKについては次回にでもブログ書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

エコバッグ産業がもりあがる台湾の最近。

台湾(TAIWAN)のいろいろ
01 /04 2018
台湾観光には エコバッグ&ビニール袋の携帯をお忘れなく!!

観光旅行の醍醐味のひとつは買い食い!ですよね!

台湾はグルメ天国!?

外食天国!?

買い食いにもってこいのところですし、みかけた可愛いものオモシロイもの、買って帰らぬ手はナシ。

続きを読む

戌年グッズ、縁起物!!

台湾(TAIWAN)のいろいろ
01 /02 2018
自分の干支の干支グッズは開運とか好運とか
縁起物ですから、ついつい買い集めてしまいがちです。

戌年の皆さま、台湾スターバックスからも
多数の戌年デザインが出ます~。



個人的には茶こしがオススメです。
陶器製の干支シリーズの茶こしは人気ですね。
コーヒーショップで茶こし?と思うわれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
カップに引っ掛けてつかえて便利です。

戌年は可愛いデザインが多くていいよね・・・と隣で亥年生まれがつぶやいています。
イノシシも可愛いデザイン、あると思うけど・・・
たしかに、戌年卯年寅年あたりはかわいさもバリエーションも豊富な気がする。

★Happy New Year★

運営のお知らせ
01 /02 2018
2018年 あけましておめでとうございます。
酉から戌へバトンタッチ。



今年もよろしくお願いします。
皆さまにとって実り多き一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。


酵素マスク! いい! 軽い使い勝手がいい!

台湾(TAIWAN)のいろいろ
11 /28 2017
台湾シートマスク、バラマキ土産にももってこい、自分用に買い込むのもオススメ、
使い捨てタイプのフェイスパックって、もう定番の台湾土産になりましたね~

SEXYLOOKの酵素マスク。

新シリーズっということでCM宣伝よくみかけます。

酵素マスクって名前からしてもうね。

効きそう。
効きそう。

日本に比べたらたいして乾燥しない台湾の風土ですけど、
過酷な夏の日差しが和らいできたらシートマスクしたくなります。

真夏は汗まみれだからシートマスクぅ?!みたいな気分がないと言えなくもないですけど、
ちょっと涼しくなってきたら、フェイスパックで手軽に癒しを手に入れたくなるっていうもんです。

「SEXYLOOKの酵素マスク」
コレです。
161941.jpg

161857.jpg

171910.jpg

172052.jpg

シリーズは4バージョン展開。

「乾荒の肌用」というライトグリーンのパッケージを使ってみました。

乾荒、ようはまあ、保湿が必要なってこと!


kosomask11.jpg


ご覧のとおり、とっても薄いシートにたっぷりの美容液。
気軽に使えるタイプです。
ほんのりいい香り。
知っている香りなんだけど、なんていえばいいのか、ちっとも閃かない。
ワタシ的にはリラックスできました。

美容液もベタベタしないで、パッケージに残った分は翌朝にも化粧水かわりに使えちゃったりして、なんかお得気分。

パッケージの日本語はアヤシイけれど、
フェイスパックの実力は◎。

他のバリエーションも試してみたい、と思いました♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。